わんにゃんよかネット 福岡市動物愛護管理センター

トップ > よくある質問

よくある質問

センターに寄せられるよくある質問をまとめました。
※質問をクリックすると回答が表示されます。

犬が人をかんだり、危害を加えたときの対処法は?

こう傷犬の届出および検診

飼い犬が人をかんだ時は、すぐに東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)に届出なければなりません。また、その犬を早急にもよりの動物病院へ連れて行き、狂犬病鑑定のため、獣医師による検診を受けさせねばなりません。

「こう傷犬届」様式はこちら

検診は狂犬病予防注射を受けていても必要です。
なお、未接種の場合、検診期間中は、狂犬病鑑定の妨げとなりますので、狂犬病予防注射はできません。検診終了後の実施となります。

こう傷犬の検診をされた獣医師の方へ

こう傷犬の検診を行った獣医師は当該検診の結果を東部動物愛護管理センターまで報告しなければなりません。

  • 「こう傷犬検診報告書」様式はこちら
  • 参考資料
動物による事故の届出

こう傷ではなくても、飼い犬が人に危害を加えたときは、事故の内容等をすぐに東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)に届出なければなりません。

「動物による事故届」様式はこちら

転居したときは何か手続きが必要ですか?

転居等で犬の所在地に変更があった場合は、30日以内に届出を行ってください。

市内での転居のとき

転居前の旧住所と転居後の新住所を動物愛護管理センターへお知らせください。

福岡市内の転居の場合,インターネットでも手続が出来ます。
福岡市インターネット手続サービス犬の登録事項変更届(市内転居の場合)

市外からの転入のとき

■ 動物愛護管理センターの窓ロで手続きを行ってください。(手数料:無料)
■ 届出に必要なもの・・・旧所在地の犬の鑑札、犬の登録事項変更届

「犬の登録事項変更届申請書」様式はこちら

郵送による手続きも可能です(費用負担あり)。
ご希望の方は東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)または家庭動物啓発センター(ふくおかどうぶつ相談室)までご相談ください。

※鑑札を紛失している場合はセンター窓口での手続きとなります。

市外への転居のとき

転居後の自治体において、犬の転入手続きを行ってください。

※福岡市(転居前自治体)への届出の必要はございません。

犬を飼い始めたときはどうしたらいいですか?

犬を飼い始めたら所有者の氏名、住所、犬のことについて登録を行わなければなりません。

登録していない犬(生後91日齢以上)を飼い始めたとき

新しい飼い主は、犬を取得した日から30日以内に犬の登録を行わなければなりません。 手数料(3,000円)がかかります。 窓ロは動物愛護管理センター及び各区保健福祉センター(西区を除く)にあります。

登録している犬を飼い始めたとき

新しい飼い主は、犬を取得した日から30日以内に犬の所有者変更届けを行わなければなりません。 動物愛護管理センターにお問い合わせください。 手数料は無料です。 届出に必要なもの・・・犬の鑑札番号、もとの飼い主の住所、氏名

犬・猫を保護したときはどうしたらいいですか?

迷い犬・迷い猫を保護した場合は、動物愛護管理センターヘお問い合わせください。【TEL:092-691-0131または092-891-1231】

また,飼い主が見つかるまで自宅で保護することができる人は、警察署へ取得したことを届け出てください。動物愛護管理センターホームページ「わんにゃんよかネット」に迷い込み情報として掲載することもできます。

【犬】の迷い込み情報の新規登録はこちら 【猫】の迷い込み情報の新規登録はこちら

自宅で保護することができない人は、落し物として警察署へ届出を行うか、東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)へ引き取りを依頼してください。※猫については警察署および当センターで引き取りを行わない場合があります。
なお、当センターで引き取り収容した場合は、6日間の抑留・掲示期間終了後は譲受希望者がいなければ殺処分となることがあります。

犬・猫が飼えなくなったときはどうしたらいいですか?

動物を飼ったら最期まで責任を持って飼いましょう。
万が一、飼えなくなった場合には、飼い主の義務として新しく飼ってもらえる飼い主をさがしましょう。犬や猫などの動物を捨てると法律で処罰されます。(100万円以下の罰金)

早めに動物愛護管理センターに相談しましょう
どうしても飼えない、新しい飼い主の探し方がわからない場合は、早めに動物愛護管理センターに相談しましょう。それでも、新しい飼い主が見つからないときは、東部動物愛護管理センターにて、有料で引き取ります。                             ただし、動物を飼えなくなった理由や状況によっては、引き取りを求める相当の事由がないとして引取りを拒否する場合があります。

引き取り日時 : 月~金曜 8時30分~17時(土、日、祝日、年末年始を除く)

※引き取った犬・猫は原則殺処分となります。

犬が死亡したときはどうしたらいいですか?

登録の抹消
登録(犬の戸籍)を抹消するために、必ず届け出なくてはなりません。
動物愛護管理センターへ電話かFAXで連絡してください。

「犬の死亡届」様式はこちら

登録の抹消はインターネットでも手続が出来ます。
福岡市インターネット手続サービス犬の死亡届

死体の処理
(1)清掃工場への搬入及び焼却を市の委託業者(井ノ口商会)に依頼する。(有料)
【TEL:092-671-3895】
(2)葬儀や納骨を希望される方は、納骨施設等のあるペット霊園などの業者に依頼する。

犬・猫が行方不明になったときはどうしたらいいですか?

東部動物愛護管理センターに収容されていないか、行方不明情報が入っていないかお問い合わせください。なお、当センターで収容した場合は、6日間の抑留・掲示期間終了後は譲渡希望者がいなければ殺処分となることがあります。

保護した方が、落し物として警察署へ届出ている場合もあるため、お近くの警察署にお問い合わせください。

探している動物の情報を動物愛護管理センターホームページ「わんにゃんよかネット」に行方不明情報として掲載することができます。

【犬】の行方不明情報の新規登録はこちら 【猫】の行方不明情報の新規登録はこちら

福岡市近郊で行方不明になった動物は、福岡市動物愛護管理センター以外にも近隣自治体の保健所等に収容されている可能性があります。近隣自治体の関連ホームページへのリンクはこちらからご確認のうえ、直接各機関にお問い合わせください。