わんにゃんよかネット 福岡市動物愛護管理センター

トップ > 犬の登録と狂犬病予防注射

犬の飼い主の方へ

猫の飼い主の方へ

飼い主の方へ

福岡チャンネル

有料広告枠

広告バナーの掲載について »

犬の登録と狂犬病予防注射

生後91日以上の犬には一生に一回の登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。

登録

登録を申請し、鑑札の交付を受けてください。
福岡市外で登録されていた犬は「登録事項の変更届(転入の手続き)」が必要です。

登録手数料 3,000円
犬鑑札
(見本)
犬鑑札の見本

狂犬病予防注射及び狂犬病予防注射済票交付手続き

狂犬病予防注射は毎年1回受けることが義務付けられています。
接種後、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。

注射手数料 動物愛護管理センター及び集合注射会場では2,500円、その他の病院は各動物病院にお問い合わせください。
済票交付手数料 550円
狂犬病予防注射済票
(見本)
注射済票の見本

鑑札や注射済票の装着が義務付けられており、迷子札にもなります。
鑑札・注射済票を紛失した場合は東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)または家庭動物啓発センター(ふくおかどうぶつ相談室)で再交付の手続き(有料)ができます。

再交付手数料 【鑑札】1,600円 【注射済票】340円

ダウンロードしてお使いください。

手続きができるところ(転入・再交付は動物愛護管理センターのみ)

福岡市での登録と狂犬病予防注射の手続きについて

(1) 集合注射会場
福岡市では毎年4~5月に公民館や公園等で、日時を決めて集合注射を行っています。
市内のいずれの会場でも受けられます。
日程や会場については市政だより、はがきなどでお知らせします。
平成29年度集合注射日程及び会場
(2) 東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)・家庭動物啓発センター(ふくおかどうぶつ相談室)
(3) 動物病院
狂犬病予防注射はどの動物病院でもできますが、病院によっては鑑札・注射済票の交付手続きができない病院もあります。その場合は狂犬病予防注射済証(証明書)を受け取り、東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)、家庭動物啓発センター(ふくおかどうぶつ相談室)もしくは各区保健福祉センター(西区を除く)へ持参し手続きしてください。
なお、福岡市は、福岡市獣医師会に鑑札・注射済票の交付手続きについて委託していますので、福岡市獣医師会加盟動物病院では鑑札と注射済票の交付を受けることができます。
狂犬病予防注射を受けられる市内の動物病院一覧

犬はどうして登録と狂犬病予防注射が必要なの?

登録は犬の戸籍です。犬の所在地や所有者、特徴等を把握し、全ての飼い犬(生後91日齢以上の犬)を、野良犬や他の飼い犬と区別することによって、狂犬病の発生を防ぐのに役立っています。
狂犬病予防法の改正により、平成7年4月1日以降に手続きされた登録は、その犬の生涯にわたり有効となりました。なお、狂犬病予防注射は、今までどおり毎年度1回受けなければなりません。

狂犬病は人間にもうつるウイルス性疾患で、全ての温血動物が感染します。動物にかまれて、いったん発症すればほぼ100%死に至る恐しい伝染病です。
日本国内では、昭和32年を最後に発生がありませんが、世界各国では、今日でも年間5万人以上の人が発症し、死亡していると報告されています。(地図参照)
ペットブームに乗じて、国内にもたくさんの動物が輸入されており、海外から狂犬病ウイルスが持ち込まれることも決して否定できません。万一、狂犬病が日本国内で発生した場合、飼い犬から人間へと伝染してゆくのを防ぐために、登録と年1回の注射が法律(狂犬病予防法)で義務づけられているのです。

狂犬病の予防注射を受けないことは愛犬を危険にさらすだけでなく、あなた自身を危険にさらしているのと同じことです。

→→→狂犬病について(事例,罰則など)←←←

世界の狂犬病の発生状況